2008年04月09日

「XO醤(ジャン)」で新旋風

XO醤’.JPG
                                                   <2006.4/  号掲載>


まだ目新しい中華調味料XO醤。その名は、ブランデーに使われるXO(エキストラオールド)と同様で、「最高級の調味料」を意味しています。

XO醤は、香港の広東料理レストランの料理長が味を極めるために考案した味噌風の調味料で、干しエビ、干し貝柱、高級ハム、香味野菜、香辛料などの高級食材をふんだんに使っています。
その味は、旨みと香りを凝縮したラー油入りの高級味噌。一滴で中華の味を変えるオイスターソースをさらに深みのある味にした絶品調味料です。

チャーハン、炒め物、スープ、そのままご飯にかけてもおいしいもの。新しい味の出会いはメニューの新旋風。食卓に常備し、いつもの料理を一味変えて二度の味わいで楽しんでみましょう。



【カキ菜とシメジのXO炒め】
@ カキ菜(1束・約300g)を洗って、3cm位に切る。

A シメジ(80g)を手で割いて食べやすく分ける。

B ニンニク(適宜)を包丁の腹でつぶし、サラダ油を熱した中華鍋で赤唐辛子、XO醤(小さじ2)と一緒に炒める。

C Bに@とAを入れて炒め、砂糖、塩各少々で味を調える。

D 好みでカシューナッツを刻んで散らす。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by メグキッチン at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 調味料、乾物等の食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92792049

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。