2008年03月16日

「カイワレダイコン」

カイワレダイコン.'.jpg

カイワレダイコンはダイコンの赤ちゃん。ひょろっと弱々しく、
さらに安いので「たかがカイワレ」と軽くみてしまいがちです。
ところが、「されどカイワレ…」。小さな体には元気のパワー
がいっぱいに詰まっています。
生命の誕生には、計り知れない力が必要です。種の発芽も同様で、
種の養分で誕生した新芽には、様々な機能をもつ栄養が高濃度で
残されています。
ガン予防効果で話題になったブロッコリーのスプラウト(新芽)
は記憶に新しいですが、豆類のスプラウトの定番モヤシは、
中国で5千年前から栽培されていたとか。
日本では、カイワレダイコンが平安貴族の高級食として登場し、
20年前に量産し始めてから日常の食材になりました。

地味な存在ですが、毎日食べ続ける栄養源としては好適。
ビタミンCや鉄分、カルシウムが吸収しやすく、乳酸菌やセレン
(抗酸化効果のあるミネラル)を栽培技術で含ませたカイワレ
ダイコンまでありますので、ちょっと注目してみましょう。


 カイワレダイコンをキッチン栽培する時は、ペーパータオル
に種をのせて、水が浸る位にして日陰に置きます。
毎日水を替え、3〜4日後から日に当てると一週間で食べられ


ます。ソバなども楽しめますが、種に毒素のあるトマトやモロ
ヘイヤは不向きです。
柑橘類を半割りにして実を少し崩し、種を播くとこれがまた
お楽しみ…。


【ダイコンの親子サラダ】

@ダイコンとニンジンを細切りにし、カイワレダイコンは
根元を切る。

 
Aシラス干しをサッと湯に通す。
 

B酢(大さじ2)、サラダ油(大さじ8)、しょうゆ(小さじ
1)、砂糖(少々)、オオバのみじん切り(適宜)をよく混
ぜる。

 
C@Aを合わせて、Bをかける。


 

posted by メグキッチン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89818931

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。