2008年03月09日

旬を食べよう「メバル」

メバル.JPG

                 <2007.3/8号掲載>

煮つけがおいしいメバル。「眼張」の名の通り、クリクリの目がかわいく、
釣り人たちには夜釣りの楽しみを満喫させてくれる魚です。

生息場所によって色が違い、浅い所は「クロメバル」「キンメバル」、
深い所は「アカメバル」、潮に乗って回遊しているグレーの青っぽい色の
メバルもいます。
脂が乗った1〜3月が旬で、刺身や塩焼きなどタイと同じような食べ方が
おいしい魚です。

丸ごとから揚げで大根おろしを添えたり、昆布を敷いた酒蒸しでポン酢を
添えても美味。
カサゴも似た魚ですが、煮つけるとメバルの方が身離れがよくしっとりと
しています。

低カロリーの白身魚ですから、生活習慣病予備軍やダイエット、介護食
にもぴったり。
コラーゲンが豊富で、全身の細胞の活性化や、機能の低下、老化防止
に役立ちます。
目が澄んで、身がしっかりと張り、光沢があるものが新鮮です。

【メバルの煮つけ】
@メバルはウロコを取り、盛り付けて下になる右側の身のエラから腹に
 切れ目を入れて内臓を取り除く。身に二ヶ所ぐらい飾り包丁を入れる。

A平鍋に水(1  1/2カップ)、酒(1/2カップ)、しょうゆ(大さじ3)、
  砂糖・みりん(各大さじ2)、ショウガ(一片)を入れて煮立てる。

BAに昆布を敷いて@を入れて、時々煮汁をかけながら汁が少なくなる
  まで煮る。

※赤唐辛子を入れると、脂の多いメバルの味がさっぱりとする。

【関連する記事】
posted by メグキッチン at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚類・魚加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88923958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。