2008年02月23日

食物繊維は「切り干し大根」で

clear="left" />href="http://megumico.up.seesaa.net/image/C0DAB4B3C2E7BAAC.JPG" target="_blank">切干大根.JPG

<2006.2/16号掲載>


暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続く信州。その中で、
凍みダイコン、凍み豆腐、寒天などは、寒さが生み出す旬の
味覚として一番おいしい時。旬のダイコンでつくった切干大根
もひときわおいしい季節です。

切干大根は、せん切りしたものを昼は寒風に当てて天日干しに
し、夜は室内に入れる作業の繰り返しで簡単に出来上がります。

水分を完全に取るため、ダイコンの約1/10の重さになり、
干すことで糖分、ビタミンB群、鉄分、カルシウムなどの栄養価
は凝縮。

特に食物繊維の供給源としては抜群の自然健康食品になります。
食物繊維のもつ大腸の働きを健全にし、有害物質や老廃物を体外
に排出する効果は、美容や健康づくりに欠かせないものです。

水でやわらかく戻した切干大根の煮物やおやきは、体に優しい
おふくろの味。ハリハリ漬け(しょうゆ漬け)や炒め物で食感を
楽しむ調理も。

切干大根は保存の期間に糖質が変化し茶色になりますが、戻せば
白色になります。変色は冷凍庫での保存で防げます。


【切干大根のナムル】
@切干大根(20g)をもみ洗いし、たっぷりの水に浸して戻し、
 食べやすい長さに切る。

Aゴマ油(大さじ1)で@をいため、酒・しょうゆ(各大さじ1)、
 砂糖(小さじ1)を混ぜて火を止め、一味唐辛子、白ゴマを混ぜ
 て味をなじませる。

Bその他、牛肉を細かく切り、ニンニク、長ネギをAと同様に
 いためたり、ニンジンのせん切りをゆでて、しょうゆ(大さじ1)、
 砂糖(小さじ1/2)、ゴマ油(小さじ2)であえたものと一緒に
 盛り付ける。ホウレンソウも彩りに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レストランかんたんクッキングE]

家わが家で食育「お家で作ろう! 食べよう!」

晴れ地産地消と特産品を訪ねて

かわいい春夏秋冬いつもそよ風

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 小さな幸せ、ちょっとした贅沢♪
繰り返される毎日の時間の中で、家族と囲む楽しい食卓を彩るために欠かせないキッチン周り..

posted by メグキッチン at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調味料、乾物等の食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85552269

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。