2008年02月21日

早春のパワー「ナバナ」

href="http://megumico.up.seesaa.net/image/A5CAA5D0A5CA.JPG" target="_blank">ナバナ.JPG              <2005.2.17>

暦の上では春ですが、まだまだ寒い毎日。せめて、食卓から春を
感じたいものです。
食材でさりげなく春の演出をしてみましょう。

菜の花は、黄色くやさしい花の雰囲気から明るい春の日差しが
感じられます。
つぼみを束ねたり、冷凍にしたものがあり、お浸しや和え物に
手軽。最近は、菜の花の茎の食感も楽しめる「ナバナ」が葉物
野菜として普及し、料理の幅が広がっています。

昔から菜種油をとるために栽培されていたアブラナ科のナバナは、
明治時代から花の部分を食用にするようになったとか。
3月3日のひなまつりに飾る“ひしもち”は、菜の花の花びらを
形作ったもので、神様に菜の花を供えて女の子の健康と幸福を
祈ったものといわれます。

ナバナはカロテンの豊富さでは野菜の中でのトップクラス。
合わせてビタミンCや鉄分の豊富さも見逃せません。
また、ナバナ、ウドなどのほろ苦さを持つ春野菜は、厳しい冬
の寒さで動きが鈍った胃腸に活気を与えるもの。昔から花芽を
食べるとスタミナがつく、といわれ、精神的なストレスには
精神安定効果が役立ちます。

【パスタでナバナ】
@ナバナ(1束)を3〜4cmの長さに、ベーコン(大4枚)
 は食べやすく切る。

Aニンニク、タマネギは好みの量をスライスする。

B好みのパスタ(4人分)をゆではじめる。

CオリーブオイルをいれたフライパンでAをでいため、ベーコ
 ンを加えていため、さらにナバナをしんなりするまでいた
 める。

DCにBを加え、塩コショウで味を調える。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レストランかんたんクッキングE]

家わが家で食育「お家で作ろう! 食べよう!」

晴れ地産地消と特産品を訪ねて

かわいい春夏秋冬いつもそよ風

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面倒な「蒸し料理」を簡単に!
水を入れてスイッチを押すだけで楽しく簡単蒸し料理!
料理研究家「山本麗子」さん監修の蒸し料..

菜漬器 浅漬け名人で、自家製漬物で「我が家の味」づくり!!

ラベル:なたね油 菜の花
posted by メグキッチン at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。