2008年02月14日

マルチビタミン「キーウィフルーツ」

キーウィフルーツ'.jpg                      <2003. 2/20掲載> 

フルーツは旬がはっきりしていますが、キーウィフルーツは一年
中手に入る果実のひとつ。南と北半球で季節を移して栽培をカバ
ーできるため、冬は国産、夏にかけては輸入品で食卓に届けられ
ています。

原産地は中国ですが、ニュージーランドで現在の果実に改良され
ました。
キーウィという鳥の卵に似ている事が名前の由来です。

国産品は、愛媛でミカンの転作作物として栽培され、福岡や和歌
山、各地に広がってきました。静岡では果肉が鮮やかな赤色の
新種も登場し、ますます甘い、高品質の国産品を目指して栽培者
の努力が重ねられています。

 キーウィフルーツといえば、ビタミンCの宝庫。約1/2個で
一日に必要とする量を“天然”で摂取できる、何とも確かな供給
源です。これはオレンジ1個分と同じですから、少量で手軽です。
また、ビタミンEやカリウム、カルシウム、銅などのミネラルも
豊富。若さの維持には欠かせない食品です。国産品を増やすため
にも、もっと積極的に食べましょう。
 
フルーツは食べごろが大切。固く未熟な実を早く食べたい時は、
バナナやリンゴと一緒にポリ袋に入れて、発生するエチレンガス
で熟させると、食べごろのやわらかさに熟します。

【イカとチーズのキーウィソース】
@イカは皮をむいて輪切りにし、塩少々を入れた湯でサッとゆで
  て冷します。

Aモッツァレラチーズを食べやすく切ります。

Bキーウィフルーツ(1個)を裏ごしして、サラダ油(大さじ3)
  、酢(大さじ2)、塩(小さじ1/2)、こしょうを混ぜま
す。

C@Aを皿に盛り、イチゴ、柑橘などを彩りにしてBをかけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レストランかんたんクッキングE]

家わが家で食育「お家で作ろう! 食べよう!」

晴れ地産地消と特産品を訪ねて

かわいい春夏秋冬いつもそよ風



【関連する記事】
posted by メグキッチン at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。