2008年12月31日

「ユリ根」で子孫繁栄の願いを

ユリ根'.JPG                                     <2007. 1. 1号掲載>

  
 おせち料理は日本ならではの伝統食。食材ひとつひとつのいわれや語呂合わせは、家族の健康と幸福への祈りと願いです。
 上品な花の形にしたユリ根の含め煮は、燐(りん)片の重なり合いが子孫繁栄への願い。ユリの古名は佐韋(さい)といい、賽(さい)の河原の意としてユリの霊力が天上の扉を開くと信じられ、これも縁起のよい理由です。

 高級感があり、料亭のおせち料理の定番。でんぷんとたんぱく質を含み、火を通すとホクホクの食感に。裏ごしは上品な甘さのきんとんになり、重なった燐(りん)片を一枚ずつにはがして、茶碗蒸しや梅肉あえ等にしても美味です。

 国内産のほとんどが北海道産。カリウム、カルシウム、鉄分が豊富で、イモ同様の熱に壊れにくいビタミンCも含まれ、ユリマンナンという食物繊維も豊富です。血糖値やコレステロール値の抑制、高血圧や便秘の予防等への効果になり、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の安心食材です。乾燥させたものは漢方で滋養強壮、利尿、咳止めに使われます。

 
【ユリ根入り黄金なべ】
寄せ鍋などの鍋料理(薄味のもの)を少なめにして楽しみ、鍋に残った具を大まかに取り出した後、ご飯を入れて締めのご馳走にする。

@ ユリ根は一枚ずつにはがし、食用菊は花びらをバラして洗い、セリ(ミズナ、ミツバ等)は2cm位に切る。

A 鍋の残りにだし汁を足して、塩(しょうゆ)で味を調え、ユリ根、ご飯(適宜)を入れる。

B 食用菊、セリを散らし、最後にイクラを散らす。好みで卵とじに。





posted by メグキッチン at 17:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。